丹波自然運動公園のクロカンコースから花崗山へ お子さんと登りませんか?

⑳DSC04295

丹波自然運動公園のクロカンコースから分かれて花崗山へ登る道は、ちょっとしたハイキング気分が味わえます。

お子さんと一緒に登るのもおすすめですよ。

クロスカントリーコースの途中から分かれるのですが、そこからゆっくり歩いて7~8分で山頂に到着します。

私はいつものウォーキングコースにしていて、週3回くらい通っていますが、季節ごとに表情が変わるので、自然の変化を感じながら楽しく登っています。

ちょっとの時間で登れるので、運動公園に遊びに来たついでに足を延ばしてみてはいかがでしょう。

スポンサードリンク
  

登りはちょっとしんどい

ここでは、クロカンのコースから分かれるところから紹介していきます。

クロスカントリーコースの詳しい情報についてはこちら

お花見スポット京丹波自然運動公園でクロカンコースをウォーキング

「森の遊び場」の遊具を横手に見ながらクロカンコースを突きあたりまで登っていくと、左に行くとクロカンコース、右は花崗山に行く道に分かれています。

①DSC04264
さっそく登っていきます。
②DSC04265

③DSC04267
④DSC04268

そこから200mほど歩くと、「山頂まで300メートル」の看板が。
2.ここから300m

⑤DSC04270
⑥DSC04272

かなり急な坂道
⑦DSC04273

あと230mの標識
⑧DSC04274

コーナーに石のベンチがあります。
⑨DSC04275

急な坂道
⑩DSC04277
あと150m
⑪DSC04278

⑫DSC04279
休憩所の屋根が見える
⑬DSC04281

最後の急こう配の坂道
⑭DSC04282

あと一息
⑮DSC04283

最後のコーナー
⑯DSC04285

頂上で景色を眺めながらひと休み

味夢の里と運動公園が見える方向を示した看板
⑰DSC04286

山頂は狭いスペースですが、屋根のある休憩所があり、ベンチに座ってひと休み。

ここで水分補給もしておきましょう。

⑳DSC04295

スポンサードリンク

味夢の里を見下ろす

電線が邪魔なのですが、電線より前には行けません
⑱DSC04289

運動公園のテニスコートが見えます
⑲DSC04291

観測所
DSC04293

花崗山の三角点の説明看板

花崗山は標高271.43m
頂上7三角点

「ふし木」
頂上6

「ふし木」の説明看板
頂上

下りは楽々

ひと休みしたら、出発。
①DSC04299
くだりは楽々。
②DSC04300

でも、急なところがあるので、走り下りるなら石ころで滑らないように注意。
③DSC04302

あと○○M表示看板の裏は一言メッセージが。
⑤DSC04305

スピードの出し過ぎに注意。

すぐに曲がり角がありますよ。
⑥DSC04306

⑦DSC04307

⑧DSC04308

下りのちょっと一言の看板にほんわかした気分に。
⑨DSC04309

DSC04310

DSC04311

またクロカンのコースに戻ります。
DSC04312

まとめ

500mほどのあっという間の山登りですが、体力がある方は一歩を大きく踏み出して頑張って登れば息が上がり、いいトレーニングになります。

ゆっくり休みながら登れば、年配の方でも登れます。

ウォーキングの途中で、割と年配の方や犬と散歩している方にもよく会います。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                   

途中には緊急連絡先と位置を記入した看板があり、もしものときには位置を特定できるようになっています。

気軽に登れるけれど山頂に到達した達成感を味わうことはできますよ。

運動公園で遊んだらその続きに、登ってみてはいかがでしょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする