メープルくるみの三つ編みパン 生地作りはHBにお任せで楽々簡単 バリエーションも提案します

DSC04319

HB活用の成形パンを紹介します。

三つ編みが豪華で、ちょっと手が込んでるように見えませんか。

でも、とても簡単で失敗なしの成形です。

基本の生地は、卵をいれたりバターを増やしたりいろいろ試してみましたが、ここで紹介する生地が我が家では一番人気です。

この生地は塩味の具にも甘い具にも合うので、中に入れる具材を変えればいろんなバリエーションが楽しめます。

是非試してみてください。

スポンサードリンク
  

基本の生地

基本のパン生地

◆ 材料 HB1斤分(三つ編みパン2個分)

 強力粉     250g

 砂糖      25g(大さじ3)

 塩       3.5g~4g(小さじ1弱)

 スキムミルク  12g(大さじ2)

 有塩バター   25g

 水       170~180ml*

 ドライイースト 2.8g(小さじ1)

 巻きこむ具材(三つ編みパン1個分)
 
  くるみ       30g

  メープルシロップ  大さじ2  
 

 * 水の量は、170mlなら扱いやすいのですがのびにくいし、180mlならのびやすいけれどべたべたして扱いにくい

  慣れない方は175mlくらいが作りやすいと思います。

  今回は、185mlで作りました。

  やわらかくてくっつく時は、打ち粉を多めにすると成形しやすい。

1.生地の作り方

 HBのケースに材料を入れ、コースをパン生地にセットする。

 生地ができたら(ピッピッとなったら)生地を取り出す。

成形・発酵・焼きあげ

1.切り開いた牛乳パックに強力粉を振っておき、生地を取り出して置く。

  2等分に分割し、ざっと丸めてふきんをかけて5分ほどおく。

2.もう1枚の牛乳パックに強力粉を振って生地の一つを置き、手か麺棒で牛乳パックより一回り小さい長方形にのばす。

  だいたい25㎝×20㎝くらいの大きさです。

3.長い方の端の向こう側2cmくらい残して、メープルシロップをスプーンで一面に塗り、くるみをちらす。 

スポンサードリンク

4.メープルシロップを塗っていないはしの反対側(手前側)からくるくると巻いていき、最後はパン生地を指でつまんでしっかりとくっつける。

 両端もしっかり閉じておく。

5.継ぎ目を下にしてたてに置き、向こう側の端を切り離さないように注意しながら、包丁でたてに2本切り込みを入れて3本にする。

6.5の3本をゆるめに三つ編みにして、あみ終わりをくっつける。。

7.天板にオーブンシートを敷いて6を置き、40~50分2倍くらいの大きさになるまで発酵させる。

8.180℃~190℃で約20分焼き、焼けたら網にのせて冷ます。

バリエーション

基本の生地に下記の材料をプラス。

三つ編みパンと同じように成形して発酵させて焼きます。

材料は基本の生地1/2量分(三つ編みパン1個分)

A レーズンとシナモンシュガー

 ◆ 材料

 レーズン  大さじ3~4(約30~40g)

 シナモンシュガー :グラニュー糖とシナモンを混ぜておく  

  グラニュー糖    大さじ2

  シナモン      小さじ1

 ◆ 作り方

 のばした生地にシナモンシュガーをまんべんなく振り、レーズンを散らす。 

B クリームチーズとくるみ

 ◆ 材料

  クリームチーズ  約50g 

   クリームチーズは室温においてやわらかく練っておく

  くるみ      約30g

    くるみはオーブントースターでいい香りがするまで焼いて粗く刻む。  

 ◆ 作り方

 のばした生地にクリームチーズを縫ってくるみを散らす。

 

まとめ

かわいい形ですが意外と簡単に成形できるので、いろんな具で焼いてみてください。

具を選ぶときの注意としては、生のフルーツなどあまり水分が多いものは使わないこと。

水分が多いとべたべたして成形しにくいので。

また、縦にカットして三つ編みをするので、具がばらばら落ちてくるものも避けてください。

それ以外には特に決まりはないので、自由に具を組み合わせてお試しくださいね。

意外な組み合わせでベストマッチングが見つかるかもしれません。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする