初盆に招かれなければ香典やお供えは不要?絶対にしてはいけないことは?

お盆お供え

親戚が初盆にあたるとき、招かれてはいないけれど何かお供えなどするほうがいいか迷いませんか。

地域やそれぞれの家によっても違うのですが、ここでは、一般的にはどのように考えたらいいのかについて説明します。

スポンサードリンク
  

初盆に招かれていない場合の御仏前は?

基本的には,法事は施主(喪主)が執り行う行事です。

参列していただく方は予め施主が決めて連絡します。

初盆に参列していただく親族などの範囲は、一般的には下記の親族などになります。

・故人の兄弟とその配偶者

・故人の子供とその配偶者

・故人と親交の深かった人や遺族の知人

上記以外の親族で招かれていないのであれば、基本的には御仏前やお供えなどはしないのが普通です。

基本的にはしないといっても地域やそれぞれのご家庭で考え方は違うので、いくつかの考え方をあげてみます。

「正解」というものはありませんので、あくまで参考にしてください。

◆義父(義母)の初盆で、嫁ぎ先の娘が肩身の狭い思いをしないようにという親心から、娘(招待されている)の実家の親(招待されていない)が御仏前を包むかどうかという場合があります。

つまり娘の夫の親の初盆に、娘の実家から御仏前を送るかどうかということです。

 ●この場合、普通なら御仏前を送る必要はないので、娘から実家の親に「心遣いはありがたいが普通はしないので」と伝えるのがいいでしょう。

いただいたらお返しするのがこのような弔事の決まりなので、相手にもさらに気を遣わせることになるということも実家の親に言い添えてもいいですね。

それでもというなら、実家の親の気持ちを汲んで持っていってもいいとは思います。

その場合は、五千円くらいがいいと思います。

必ずしもていねいにするほうがいいとは限りません。

相手側も、不必要に親せき付き合いを広めたくないという考えがあるかもしれないのです。

また、地方の風習などもあるので、ご主人を通して嫁ぎ先にも聞いてみるのがいいですね。

初盆に限らず、今後の親戚付き合いをどうするかということにもかかわってきます。

子供が結婚すると、次々に親戚が増えてお付き合いの環が広がっていきます。

どこかで線を引いておかないときりがないので、不要な気を使ったり使わせたりしないためにも、実家とお話をされたらいいと思います。

 ●嫁の実家を招かないのは、嫁ぎ先の思いやりであることもあります。

何かお供えをしたいと思うのなら、直接「お供えをお送りしようと思うのですが」と尋ねてみては?

不要だということならする必要はないですし、「悪いわね、ありがとう」なら送ればいいということです。

不要だという場合、何もしないことが気にかかるようであれば、別の機会に嫁ぎ先(義父、義母)が喜ぶようなことをしてあげればいいですね。

 ●嫁ぎ先に聞くまでもなく、お供えを送るのが当たり前だという意見もあります。

この場合、お供えはみんなで分けられる個包装のお菓子などです。

◆以上のことをまとめてみると・・・

1.実家に不要の旨を伝える。

それで分かってもらえたら一件落着。

その際、機嫌を損ねないように実の親子であっても気を使って言い方を考えること。

2.それでもやはりお供え(または御仏前)を送りたいというときは、嫁ぎ先に前述のように尋ねてみてその返事に従う。

実家の親のことを例として説明しましたが、ほかの親戚でも同じように考えてください。

絶対にしてはいけないことは?

絶対にしてはいけないのは、招かれていないのに突然伺うことです。

スポンサードリンク

施主は、ほとんどの場合法要の後に食事を手配しているので、急に人数が増えるととても困ります。

かといって、お参りにきてくれたのにあなただけ「食事はなし」というわけにもいかないでしょう。

お供えをするのなら、訪問せずに送るようにしましょう。

まとめ

初盆に限らず、親戚付き合いはどこまでするかが難しいところですね。

初盆に関しては、考え方としては、招かれていない場合は何もしなくてもよいということになります。

気になる場合は、御主人を介してもいいし直接でもいいので、聞いてみることです。

一声掛けて嫁ぎ先をたてておけば、悪い気はしないと思います。

また、法事は事前に施主から招待された人だけがお参りします。

招かれていないのに顔を出すのは絶対にやめましょう。

やることが多すぎていつも忙しい、時間がないと感じている方、このブログ記事を読んでみてください

誰にでも平等に与えられている一日24時間なのに、いつも忙しそうな人とゆったりしている人との違いはなんでしょうか。
そんな疑問に対して一つの大きなヒントを与えてくれる記事です。
参考図書も紹介してくれていますよ。
ぜひ読んでみてください。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
おすすめのブログ記事「エッセンシャル思考」

Amazon ベストセラーランキング 1 位を獲得した『自由な人生を手にいれる教科書』が無料でダウンロードできます

『自由な人生を手にいれる教科書』は、予約注文開始後わずか 2 日で Amazon 電子書籍ベストセラーランキング総合 1 位を獲得した人気書籍です。
そして、この著書は、実際に Amazon で現在も 1,000 円で販売中です。
「インターネットで収入と自由を得る」、「インターネットを仕事にする」ということを考えてみたことがない方には、
常識をくつがえされる内容です。
といっても、難しいお話ではなく、ご自分の経験から得たことを、誰が読んでもわかりやすく説明してくれています。
そして、この書籍をダウンロードすると、付録として、著者の「インターネットビジネス入門書」も読むことができるという特典付です。
繰り返しますが、この著書は、一部のインターネットに詳しいかた向けのものではありません。
誰にでもわかりやすく、専門用語があればその都度解説付きなので、気楽に読み進められます。
ダウンロードしたからといって、何かを買わなければならなくなったりなど、費用が発生することは全くありません。
安心してダウンロードの上、読んでみてください。

こちらからメルアドを登録して無料で書籍をダウンロードしてくださいね。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
自由な人生を手に入れる教科書

インターネットを使った仕事を考えておられる方はこちら

自宅で稼いでみませんか?今なら一から指導してくれる教材を無料プレゼント!

小さいお子さんがいたり近くに仕事先がなかったりして
働きに出られない方に朗報です!

自宅に居ながらインターネットで稼ぐ方法がありますよ。

以前9万9000円で販売していた教材が
今なら無料でもらえます。

こちらからメルアドを登録して
教材を受け取ってくださいね。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓
コンテンツマスター塾ZERO

お手数おかけしますがぽちっと応援よろしくお願いします。

人気ブログランキング

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする