真夏の紫外線防止対策はどうする?衣類、グッズの2つの方法で考えます

麦わら帽子

冬の2倍とも言われる真夏の紫外線。

朝のお洗濯物干しなど、ちょっとだけだからと油断していたら、その積み重ねが大きなダメージになってしまいます。

ここでは、紫外線が肌に与えるデメリットと、それを防ぐための対策を、衣類、グッズの2つの方法で考えます。

スポンサードリンク
  

紫外線を浴びると肌はどうなる?

何も対策をせずに外に出ると確実に浴びてしまう紫外線ですが、紫外線は肌にどんなダメージを与えるのでしょうか。

1.日焼けを起こす

地上に届く紫外線にはUVAとUVBの2種類があります。

UVAはそのうち95%以上を占め、UVBは残り5%以下です。

UVBは、量は少ないのですが強力で、短時間で日焼けの原因になります。

紫外線によって肌が炎症を起こし、赤くひりひりしたり、ひどいときには水ぶくれができたりします。

3.UVAを長期間浴び続けた影響

・肌の水分を保持できなくなる

紫外線に当たり続けることによって、表皮の細胞が水分をうまく保てなくなり、肌が乾燥してきます。

・コラーゲンが壊れる

肌の弾力を支えているのがコラーゲンです。

紫外線によってコラーゲンを壊す遺伝子が現れて増殖すると、壊されたコラーゲンの修復が間に合わなくなってしまいます。

そうなると肌は大きなダメージを受けてしまうと言われています。

・深いシワができる

肌表面の水分量が減り、弾力を支えるコラーゲンが壊されるとシワができやすくなります。

長期間紫外線に当たリ続けることが深いシワを作る原因になるといわれています。

2.しみができる

紫外線は、細胞の中のDNAを傷つけるくらい強いものです。

DNAが傷つくと、正常な細胞を作ることができなくなるため、メラニン色素を増やして体を守ります。

その結果シミができてしまいます。

衣類で紫外線防止

紫外線は、洋服や時間、地域によっても量が変わるというデータがあります。

晴天の日の正午を100%とした場合、曇りの日は50%、雨の日でも20%もあるのです。

1日の内でも紫外線量に違いがあり、午前10時~午後2時の間に1日の半分以上の紫外線が降り注いでいます。

ゴミ出し、洗濯物干しなど短い時間でもUVケアは必要です。

外に出るときは、天候にかかわらず、きちんと紫外線対策をしましょう。

◆衣類によって紫外線カット

最近は、UVカット加工が施された洋服も出ています。

スポンサードリンク

主にカーボン、セラミック、チタンなどの紫外線吸収剤を繊維製造時に練り込む方法と、出来上がった生地や縫製済みの製品に付着させる方法があります。

○紫外線を一番カットする洋服とは?

洋服の色・素材・織り方によって違います。

〈色は黒で、生地が厚く目のつまった織り方の衣類〉が一番紫外線を通しにくいことが分かっています。

さらにUVカット加工が施してあればかなりの遮蔽率になります。
 
白っぽい色ほど紫外線をカットしにくい傾向にありますが、全ての色において、UVカット加工が施されているものの方が、未加工よりもカット率が高くなっています。

できるだけUVカット加工のものを選ぶほうが、効果が期待できるということになります。

日焼け対策グッズで紫外線防止

◆日傘

最近、日傘を差す女性も増えていますが、日傘の布地によっても効果に違いがあります。

レースなど目の粗い生地は、紫外線カットという意味では穴から日光が入り込んでしまうため、あまり意味がありません。

1級遮光の布地であれば、白色でも遮光率は全く違います。

日傘を購入する際は生地に注意してしてください。

◆帽子

帽子は形の違いによって紫外線カットの効果がはっきり違ってきます。

日光を遮って影になるほど効果があるので、唾が広いものほど紫外線をカットする率は上がります。

麦わら帽子のような形が、最も効果があるということになります。

とはいえ、デザインを洋服と合わせる必要もあると思うので、以上のことを踏まえた上で、帽子の形を選んでください。

◆手袋

日傘と帽子で直射日光の95%は遮ることができますが、手や腕が露出したままでは日焼けしてしまいます。

UV手袋などで紫外線を遮りましょう。

◆サングラス

サングラスは紫外線対策にはとても有効です。

目は日光を感じるとメラニンを生成するといわれているので、サングラスで紫外線を防止することでメラニンの生成を抑える効果を高めます。

まとめ

紫外線対策は、衣類、グッズ、日焼けどめの3本立てで行なうとより効果があります。

それぞれに、効果の違いがあるので、うまく組み合わせて使ってください。

また、紫外線に当たった直後は何も問題がなかったからといって安心はできません。

長い間の蓄積によって徐々にその弊害は肌の老化症状となって現れてきます。

日々の暮らしの中で少し気を付けることで、紫外線対策に大きな差が出てくるのです。

将来のためにも、「紫外線」を意識して過ごすようにしましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする