コレステロール値が高いとなぜ悪い?中性脂肪との関係は?

c106a51c194fa4dfd4f28c591d4b43f7_s

コレステロールと中性脂肪という言葉はよく耳にしますが、あなたの年齢のそれぞれの適正値はご存知ですか。

どちらも、私たちの身体にとってなくてはならないものですが、多すぎても様々な生活習慣病を引き起こす原因になってしまいます。

ここでは、コレステロール値と中性脂肪とはどんなもので、どんな働きをしているのか、両者にはどんな関係があるのかについて説明します。

スポンサードリンク
  

コレステロール値とは?

・コレステロール値とは?

血液の中に溶けている脂質の主なものは、コレステロールと中性脂肪で、それぞれ異なる性質を持ち、異なる働きをします。

コレステロール値とは、血液中の液体部分1デシリットル中に含まれるコレステロールの量で表わします。

つまり、血液中に溶けるコレステロールという脂質の濃度のことです。

・コレステロールの役目は?

コレステロールは、細胞膜の成分の一つで、ホルモンなどの原料になっています。

コレステロールは血液中だけでなく、脳やせきずいなど体内に広く分布していて、食事で摂取するだけでなく、肝臓など体内でも造られます。

健康な人の場合、食事でコレステロールを摂り過ぎると、体内での合成が減るなどしてバランスをとる仕組みになっています。

コレステロールは多すぎると弊害がありますが、ホルモンや胆汁酸(たんじゅうさん)の材料になるなどなくてはならないものなのです。

中性脂肪とは?

・中性脂肪とは?その役目は?

中性脂肪は、体内に脂肪として蓄えられ、皮下脂肪となり、体を寒さから守ったり、衝撃を緩和する役割をしています。

また、中性脂肪は消費されなかったエネルギーが体内にストックされている状態なので、このストックが少ないと身体は疲れやすくなります。

・コレステロール値と中性脂肪の関係は?

以上のように、コレステロールも中性脂肪も体にはなくてはならないものですが、貯まり過ぎると肥満などの生活習慣病を引き起こします。

血液中の中性脂肪が増えると、善玉コレステロール(HDL)を減らし、悪玉コレステロール(LDL)を増やしてしまいます。

中性脂肪の増加が、悪玉コレステロールを増やして、その結果動脈硬化の危険性を高めてしまうのです。

・中性脂肪は低いほどいいの?

中性脂肪には、ビタミンA、Eやβーカロチンなどの脂溶性ビタミンが含まれているため、中性脂肪が少ないということは、これらのビタミンも不足するということになります。

脂溶性ビタミンが不足すると神経機能が低下し、めまいや片頭痛等の症状を引き起こします。

また、脂肪が不足すると血管の壁がもろくなり、栄養不足による動脈硬化になってしまいます。

中性脂肪は、高すぎると肥満になってしまいますが、低すぎてもよくないのです。

スポンサードリンク

コレステロール値が高いとなぜ悪い?

善玉コレステロールと悪玉コレステロールは、どちらも細胞膜を造る成分で、体にとって必要なものです。

血液中でコレステロールが過剰になってしまったときは、善玉コレステロールと悪玉コレステロールが1:1の割合で肝臓に戻ることができます。

この時、悪玉コレステロールが善玉コレステロールより多くなると血液中に悪玉コレステロールが残ってしまいます。

そうなると、悪玉コレステロールは血管壁に貯まるという性質があるため、血管が細くなってしまうのです。

それによって動脈硬化、高血圧、高脂血症、心筋梗塞、脳梗塞、脳卒中などにもつながっていく危険があります。

更年期以降の女性は要注意

動脈硬化というと、なんとなく男性のほうが多いように思いますが、実は女性のほうが注意が必要なのです。

それは、コレステロールは、女性ホルモンと密接な関係があるからです。

更年期になるとエストロゲンの分泌が低下し、悪玉コレステロールの上昇を招き、内臓脂肪の増加や肥満を引き起こしてしまいます。

この結果動脈硬化が進行し、心疾患や脳血管疾患のような命に関わる大きな病気になるリスクも高まります。

女性も中年になったら注意をして、まずは検査をして自分の状態を知ることが大切です。

コレステロールの基準値と平均値について

まず、コレステロールの基準値や平均値はどのくらいなのかということを知って、自分の値はどうなのかを確認しておきましょう。

■ 総コレステロール

・女性

 正常範囲 30〜44歳:145〜238mg/dL
         
      45〜64歳:163〜273mg/dL
         
      65〜80歳:175〜280mg/dL

・ 男性

 正常範囲 151〜254mg/dL

■ LDLコレステロール値

・女性

 正常範囲 30〜44歳:61〜152mg/dL
         
      45〜64歳:73〜183mg/dL
         
      65〜80歳:84〜190mg/dL

・ 男性

 正常範囲 72〜178mg/dL

■ 中性脂肪の基準値 (検査は早朝空腹時に行ないます)  
 
   基準値 30~149mg/dl      
      
       150~249mg/dl  要経過観察   
     
       250mg/dl以上   精密検査または治療が必要  
   
     日本人間ドック学会の判定基準による

まとめ

コレステロールと中性脂肪について述べてきましたが、あなたの値は基準値と比較してどうでしたか。

中性脂肪とコレステロールの値は、食生活によるところがとても大きいことが分かっています。

基準値より高い方は下げるように、高くない方も適正値を保てるように、普段から食生活の見直しを心がけましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする