大量のえんどう豆使い切りレシピその2♡和風冷製スープとお菓子用ペーストを紹介します

20200526_180203

今年はえんどう豆が豊作だったので

お豆ごはんや煮物だけでなく

これまで作ったことのないレシピにも挑戦してみました。

お豆の和風冷製スープとお菓子に焼きこむ用のペーストです。

生のえんどう豆で作ると、一味違いますよ。

スポンサードリンク
 

ちょっと変わったレシピ

えんどう豆は、さやから出すとすぐにかたくなり始めるそうです。

すぐにお料理できない時は、さやから出してさっとゆでておき

そのあと、いろんなお料理にしています。

■えんどう豆の和風冷製スープ

ビシソワーズの和風えんどう豆版。

暑い日の冷たいお豆のスープは格別ですよ。

◇材料

えんどう豆     200ℊ

おだし       100㏄

塩         小さじ1/6

◇作り方

1.えんどう豆とひたひたより少なめの水を鍋に入れて火にかけ

 中火で豆が柔らかくなるまで5分ほど煮て

 塩を加えて1分くらい煮て火からおろす。

20200526_181322

20200526_182025

2.1をハンドブレンダーで混ぜ、ペースト状にする。*2

20200526_182222

20200526_182502

20200526_182621

3.2におだしを加えてよく混ぜる。

20200526_182900

4.粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やし、器に盛る。

20200526_183710

*2 ハンドブレンダーがない場合は、裏ごしします。

  ハンドブレンダーでペースト状にしたときも

  裏ごしするとさらになめらかになります。

■えんどう豆のペースト

お菓子に入れる用に作ってみました。

それだけ食べるとちょっと野菜っぽい味なのですが

お菓子に焼きこむと、しっとりして美味しいと

好評でした。

◇材料

えんどう豆    300ℊ

砂糖       60ℊ

塩        少々

◇作り方

1.鍋にえんどう豆とひたひたの水と重曹を入れて中火にかける。

 沸騰したら弱めの中火にして3分煮て

スポンサードリンク

 砂糖を加えて5分ほど煮る。

20200526_174021

20200526_175228

20200526_175245

2.1に塩を加えて30秒くらい煮て

 火を止めて10分ほど置く。

水分がほとんどなくなってこんな状態です。

20200526_175559

3.2を温かいうちにポテトマッシャーでつぶし

 ペースト状にする。

20200526_175804

20200526_180203

まとめ

自分でえんどう豆を作ると、とりたての柔らかいお豆が食べられるのがいいところですね。

和風冷製スープは、お豆の味がそのまま味わえる贅沢な食べ方です。

えんどう豆がたくさん手に入ったら、ぜひ作ってみてください。

えんどう豆のペーストは、甘くし過ぎるとえんどう豆の風味が負けてしまうので

甘味は控えめにしています。

ケーキに焼きこむと、しっとりとして

お豆の風味も味わえるのでこちらもおすすめです。

旬のえんどう豆、いろんなお料理やお菓子に使って

とことん味わい尽くしたいですね。

Amazon ベストセラーランキング 1 位を獲得した『自由な人生を手にいれる教科書』が無料でダウンロードできます

『自由な人生を手にいれる教科書』は、予約注文開始後わずか 2 日で

Amazon 電子書籍ベストセラーランキング総合 1 位を獲得した人気書籍です。

そして、この著書は、実際に Amazon で現在も 1,000 円で販売中です。

「インターネットで収入と自由を得る」、「インターネットを仕事にする」ということを考えてみたことがない方には、

常識をくつがえされる内容です。

といっても、難しいお話ではなく、ご自分の経験から得たことを

誰が読んでもわかりやすく説明してくれています。

そして、この書籍をダウンロードすると、付録として

著者の「インターネットビジネス入門書」も読むことができるという特典付です。

繰り返しますが、この著書は、一部のインターネットに詳しいかた向けのものではありません。

誰にでもわかりやすく、専門用語があればその都度解説付きなので、気楽に読み進められます。

ダウンロードしたからといって、何かを買わなければならなくなったりなど

費用が発生することは全くありません。

安心してダウンロードの上、読んでみてください。

こちらからメルアドを登録して無料で書籍をダウンロードしてくださいね。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

自由な人生を手に入れる教科書

お手数おかけしますがぽちっと応援よろしくお願いします。

人気ブログランキング

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする