夏の麺料理にはどんなおかずを合わせる?和風・洋風・中華風の簡単レシピを紹介します

夏のスタミナチゲ

そうめんやざるそばなど、冷たい麺料理は暑い夏にはうれしいですね。

でも、あっさりした冷たい麺だけでは、栄養が偏ってしまいます。

バランスの良い献立にするためには、どんなおかずをプラスするといいのでしょうか。

ここでは、和洋中華それぞれに合わせるおかずのレシピを紹介します。

麺に味が付いているので、白いご飯に合うようなこってりした味付けよりも、それだけ食べても味が濃すぎないおかずを合わせるようにします。

そして、麺料理と材料や味付けが重ならないおかずを選んで下さい。

できるだけ簡単にできるものを選んだので、麺料理に合わせてしっかり栄養を摂りましょう。

スポンサードリンク
  

和風の麺に合わせるおかず

レンジ蒸し鶏のおかずサラダ

火を使わずに電子レンジだけでできてしまいます。

柚子胡椒の風味でさっぱりいただけます。

レンジ蒸し鶏のおかずサラダ

            出典:https://www.kyounoryouri.jp/

鶏むね肉の天ぷら

天ざるにしてもいいですね。

胸肉のてんぷら
            出典:https://www.kyounoryouri.jp/

オクラいか納豆

そうめんに絡めて食べるとおいしい。

おくらいか納豆
            出典:https://www.kyounoryouri.jp/

ほんとにゴーヤ?やさしい味のゴーヤのそぼろ煮

簡単でおいしいゴーヤの和風の煮物です。

ゴーヤの苦味がお好きな方には少し物足りないくらい、苦味がやわらぎます
2013-10-03 16.21.34

冷たく冷やして 夏野菜の和風マリネ

作って冷やしておくと、食欲がないときでもさっぱりと食べられます。

2013-07-29 20.57.56

中華風・韓国風の麺に合わせるおかず

ごちそう三宝菜

しっかりした味の面にはこんなやさしい味わいのおかずがほっとします。
三宝菜
            出典:https://www.kyounoryouri.jp/

夏のスタミナチゲ

鍋に野菜と豚肉を重ねて入れ、調味料を加えて蒸し煮にします。

夏のスタミナチゲ

            出典:https://www.kyounoryouri.jp/

中国風ラタトゥイユ

豚肉と野菜にトマト缶を加えて煮込みます。

野菜を薄く切るので短時間で出来上がります。

中国風ラタトィユ

スポンサードリンク

            出典:https://www.kyounoryouri.jp/

洋風の麺に合わせるおかず

牛肉とキャベツのマスタード風味

鍋で牛肉とキャベツを蒸し焼きにし、出た煮汁でドレッシングを作ってかけます。

お鍋一つでできてしまいます。

牛肉とキャベツの蒸しに

            出典:https://www.kyounoryouri.jp/

鶏肉ときのこのホットサラダ

鶏胸肉とキノコを蒸し煮にしてドレッシングで和えます。

赤ワインビネガーがなければ、風味は変わりますがお酢にかえても。

鶏とキノコのホットサラダ

            出典:https://www.kyounoryouri.jp/

焼きかぼちゃとししとうのマヨネーズあえ

チンしたかぼちゃとししとうを焼いてマヨネーズで和えるだけ。

かぼちゃとししとうのマヨネーズあえ

            出典:https://www.kyounoryouri.jp/

手羽先のはちみつレモン風味

手羽先とズッキーニを塩こしょうで焼いて、はちみつとレモンで甘酸っぱく仕上げます。

手羽先のはちみつレモン

            出典:https://www.kyounoryouri.jp/

鶏ロール蒸しレモンジンジャーソース

鶏もも肉をくるくる巻いてレンジでチン。

鶏ロール
            出典:https://www.kyounoryouri.jp/

レンジとトースターで ズッキーニのオーブン焼き

ズッキーニを切ってグラタン皿に並べてソースをかけ、レンジでチンしてオーブントースターで焼きます。

2013-07-10 13.06.40
         
おなすがとってもジューシーなすのピザソース焼き

画像 465

まとめ

夏の定番冷たい麺料理には、肉や野菜をたっぷり使ったおかずを合わせて、たんぱく質やビタミンが不足しないように気をつけましょう。

その際、麺料理に含まれていない食材や味付けのものを選ぶのがコツです。

できるだけ食材の種類を多くすると、自然とバランスよく栄養もとれています。

おいしく食べて夏バテ防止に努めましょう。

やることが多すぎていつも忙しい、時間がないと感じている方、このブログ記事を読んでみてください

誰にでも平等に与えられている一日24時間なのに、いつも忙しそうな人とゆったりしている人との違いはなんでしょうか。
そんな疑問に対して一つの大きなヒントを与えてくれる記事です。
参考図書も紹介してくれていますよ。
ぜひ読んでみてください。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
おすすめのブログ記事「エッセンシャル思考」

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする