日焼け対策に有効な食材の第1位はこれ!他にも効果のある食材を紹介します

e6f443ca07e1e6986af56ebaa757acd3_s

真夏の日焼け対策は、帽子や日傘、日焼け止めなどで日差しを遮って日焼けを防ぐ「外側からのケア」があります。

もうひとつ、肌の健康に有効な食物を摂取することによって肌を健やかに保つのが「内側からのケア」です。

ここでは、「内側からのケア」として、日焼け対策に有効な食材を栄養素ごとに紹介します。

スポンサードリンク
  

日焼け対策に有効な食べ物は?

食事で栄養素を摂取しても、すぐに目に見えて効果が表れるわけではありませんが、日頃から摂取することは美と健康において重要です。

では、日焼け対策に有効な食べ物にはどんなものがあるのか、紹介します。
〈  〉内はその食材に豊富に含まれている栄養素です。

・第1位はトマト〈ビタミンC・A・E、リコピン〉

トマトはビタミンCだけでなく、A、Eも豊富。

中程度の大きさのものを2個摂取すれば、1日のビタミンA・C・Eの必要摂取量の半分以上が補えるという優秀な食材です。

トマトに含まれる抗酸化作用の高いリコピンは、紫外線によって生じる活性酸素を消去し、肌のシミやシワを防ぐ効果や日焼け後に肌が硬くなるのを防ぐ効果があります。

生のトマトの代わりに、トマトジュースでも同様の効果があります。

・いちご、ブロッコリー、じゃがいも、キウイ、グレープフルーツなど〈ビタミンC〉

ビタミンCはシミやそばかすの原因となるメラニン色素がつくられるのを防ぐほかに、肌のハリの元となるコラーゲンの生成を促します。

また、乾燥肌など肌のトラブルや肌の老化防止にもビタミンCは欠かせない栄養素です。

ただし、ビタミンCは一定量以上は体内に蓄積できないので、毎日こまめに摂取することがポイントです。

・サツマイモ、ニンジン、かぼちゃ、ホウレンソウなど〈β―カロテン〉

多くの緑黄色野菜にβ―カロテンが含まれています。

スポンサードリンク

β―カロテンにはすぐれた抗酸化作用のほか、コラーゲンの生成を促す力があることがわかってきました。

・豚肉〈ビタミンB1〉

豚肉に含まれているビタミンB1は、糖質をエネルギーに変えるのに必要不可欠な成分です。

また、日焼けで乾燥しがちなお肌に潤いを与えます。

抗酸化作用や老化防止効果のあるカロチンやビタミンC・Eが豊富な唐辛子と一緒に調理すると、さらにお肌を健康に保つ効果がUPします。

・ヨクイニン(ハト麦)

「ハト麦」から殻を取り除いたものが、「ヨクイニン」です。

ヨクイニンに含まれている成分「コイクセノリド」は、美白や保湿にもいいと言われています。

・黒酢

黒酢が持っている「血流改善」効果で、毛細血管への血流がよくなり、肌細胞の代謝機能が高まり、日焼けによるシミや乾燥を改善します。

コラーゲンの主成分でもあるグリシンなどのアミノ酸も含まれているので、お肌の潤いを保つ効果もあります。

・青魚、えごま油、亜麻仁油(アマニ油)、シソ油、くるみ、緑黄色野菜、豆類など〈オメガ3〉

肌に潤いを与え、皮脂を抑え毛穴をきれいにする美肌効果があります。

まとめ

日焼け対策に有効な食べ物は何か、ということでそれぞれの栄養素ごとに食材をあげてみました。

見ていただくとお分かりのように様々な食材が登場しましたが、特に優秀な食材は、《トマト》だということが分かりました。

トマトは、毎日積極的に摂りたいですね。

その他で注意することは、毎日できるだけいろんな食材をバランスよく使って食事を作ること。

その中で、前述した食材を取り入れていくように意識すると、無理なく必要な栄養素を摂ることができますね。

それぞれの栄養素を効果的にとり入れて、体の内側から紫外線に負けない体を作りましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする