ストレスでなぜ血糖値が上がる?その理由と解消方法を解説します

36f0cc4d101bf6a8807af816f14c251d_s

ストレスでなぜ血糖値が上がるの?と疑問に思う人もいるでしょう。

実は、ストレスと血糖値には密接な関係があるのです。

ここでは、なぜストレスによって血糖値が上がるのか、そのメカニズムについて解説します。

そして、ではどうすれば少しでもストレスを軽くすることができるのか、その方法についても説明します。

スポンサードリンク
  

ストレスでなぜ血糖値が上がるの?

現代社会に暮らしている限り、ストレスがないという人はまずいないでしょう。

それほど、私たちはストレスを抱えて生きているのです。

では、ストレスがなぜ血糖値を上昇させるのか、について説明します。

精神的ストレスを感じると交感神経を刺激して外部からのプレッシャーに打ち勝とうとする
   
   ↓

脳から指令が出て、抗ストレスホルモンが多く分泌される

   ↓

抗ストレスホルモンが体を活動的、興奮状態にする

   ↓

エネルギーが必要になる

   ↓

血糖値を抑えるインスリンを制限する

   ↓

インスリンを抑えることにより血糖値が上がる

以上の経過を経て、ストレスが血糖値を上げることになるのです。

さらにストレスを解消しようとして、過食、飲酒、喫煙に逃げてしまう人もいます。

こうなると、もっと悪循環に陥ります。

ストレスをどのようにして軽減するか

今の時代、ストレスを完全になくすことは不可能です。

となると、いかにうまくストレスと付き合っていくか、がポイントになります。

ストレスをためやすい人の特徴は

 ・自分の感情を表に出さない

 ・責任感が強い

 ・完璧主義

 ということがあげられます。

 このタイプの人は、どうしても我慢したり、無理をしがちです。

 では、どうすれば、ストレスをうまくかわすことができるのでしょうか。

1.完璧を目指さずに、休むこと

 ・一息入れてリラックスする

 ・意識して気分転換をする

  映画を見る

  音楽を聴く

  スポーツをする、観る

  庭仕事をする

  友達とおしゃべりをする
  
  おいしいものを食べる

  旅行をする

 など、なんでもいいので、気分転換になること、リラックスできることを見つけましょう。

 普段、「時間がないから」とあきらめていたやりたかったことなどに、時間を当てましょう。

・たまには、思い切りダラダラ寝てみると、元気になれることもあります。

 特にいつも自分に厳しい人には、ときには自分を甘やかすことも必要でしょう。

2.ゆっくりお風呂に入る

 ・ゆっくりお風呂に浸かって、リラックスする

 お風呂でリラックスすることによって、副交感神経が刺激され、インスリンの分泌を促進してくれます。

 このとき注意するのが、お湯の温度です。

 38~40度位のややぬるめの温度に設定することです。

スポンサードリンク

 お湯が熱すぎると、かえって疲れたり、交感神経を刺激してしまうことがあります。

 
 ・半身浴する

 半身浴なら、もっと長くゆっくり入ることができます。

 足や下半身をじっくり温めることができて、より入浴効果があがります。

 ・水分補給を忘れずにする

 お風呂は汗をかくので、水分不足になりやすく、水分が不足すると血液の状態を悪くします。

 そうならないように、忘れずに水分を摂りましょう。

3.生活のリズムを整える

 ・できるだけ早寝早起きに近づけるよう努力する。

  そうはいっても、人それぞれに一番合ったリズムがあるので、そのリズムを守って睡眠時間もしっかり確保することです。

 ・安眠できる方法を見つける

  枕を変えてみる

  眠りを誘う飲み物を飲む:カモミールティー、ラベンダーティー、ホットミルクなどが効果があります

  エッセンシャルオイルを一滴:お好きな香りのオイルをまくらカバーなどに一滴たらす

4.アロマでリラックス

 アロマは、自律神経のバランスを整え、リラックスさせてくれます。

 その結果、興奮したときに出るホルモンを抑制するので、血糖値を下げる効果があります。
  
 ・初心者なら、ラベンダー、オレンジスィート、ゼラニウム、カモミールなどがお勧めです。

  自分の好きな香りを見つけましょう。

5.自分にプレゼントを買う

 女性なら、ショッピングが大好きな人は多いはず。

 ・好きな洋服やアクセサリーを自分のために買うことで、気分はずいぶん明るくなるでしょう。

 ・お花が好きな人なら、花束を買って飾ると、見るたびに幸せな気分になれますよ。

6.緑の中を散歩する

 ・公園など、できれば緑の多いところを、景色を楽しみながら散歩してみましょう。

 ・近くに緑の多いところがない、という場合は、住宅街でも、商店街でもいいのです。

  いつもは大急ぎで通る道も、ゆっくり歩いてみると、きっと違うものが見えてくることに気がつくでしょう。

  それだけでも、ゆったりした気分になれます。

7.日向ぼっこする

 気候のいい時期なら、のんびり太陽の光を浴びてぼーっとしてしているだけで、気分が変わってきます。

 たまには、こんな贅沢な時間の過ごし方も、心の栄養になりますね。

まとめ

忙しい毎日を送っていると、精神的に追い立てられて息がつまりそうになりませんか。

そんなときは、ちょっとよそ見をしてみましょう。

ストレスが大きく膨らまないうちに、ちょっと気分を変えてみましょう。

ほんの10分でも20分でも、「やるべきこと」以外のことに時間を使ってみましょう

散歩でも、買物でも、気分が明るくなることをしてみるのです。

ときには、そうやって自分の好きなことをする時間をとって、重くなった気分をリセットして下さい。

これで、ストレスによる血糖値の上昇はかなり抑えられるはずです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする